バレエのレッスンの際に髪が邪魔にならないように作るシニヨンですが、いざ作ろうとするとなかなか上手く形にできず困る事があるかもしれません。

形が上手くできない理由はいくつかあります。

たるみ


もっとも多いのは髪を結んだ際に緩み、たるみが出来てしまっている事。

緩んだ状態だと、頭を激しく動かした時に髪が引っ張られてしまい、徐々に外れていってしまいます。シニヨンを作る時はワックスやジェルで固める事ももちろん大事ですが、髪の一本一本をしっかりと纏めて縛り上げる事に最も気を使ったほうが良いでしょう。

なお緩んだシニヨンにしないためには、丁寧に全方向からコームでまとめ上げましょう。まとまったら、ジェルを手につけて髪全体にしっかりと撫で付けていきます。ジェルを馴染ませた後も再度コームで丁寧に髪をまとめ上げてポニーテールを作ると、残った緩みもしっかりと締め上げることが出来ます。

この際前髪や後れ毛がどうしても外れて降りてきてしまう場合はハードタイプのワックスやスプレーを使ってしっかり固定しましょう。途中でパラパラと落ちてきてしまうと練習中に気が散って仕舞いますし、転んでしまったり怪我の元になることもあります。

ズレにくくする


前髪や後れ毛がしっかり固めることが出来たら、ポニーテールの結び目の周囲をピンで留める際は取り囲むようにしっかり補強してズレにくくしましょう。

ネットを被せれば目立つものではないので多少多めに留めておくほうが良いです。テールを捻ってお団子の形に丸めて生きますが、この際三つ編みなどにしてしまうと団子が平たくならず、丸く大きくなってしまうので注意してください。お団子を固定する際に使うUピンはそのままでは少し外れやすい物となっているので、気持ち捻りながら差し込む事で外れにくくすることが出来ます。

短くて結べない場合はワックスを多めに使い、しっかりと要所をピン留めして固めます。シニヨンのお団子が小さくなってしまうのが気になる場合は、シニヨン用のお団子に使う付け毛なども売られているので使ってみるのも良いでしょう。

シニヨンは作るのにとても時間がかかりますし、寝癖などがある日はいつも通りいかないこともあるので、事前に何度か練習しておくと当日に慌てず済みますのでお勧めです。

時間を掛けて髪を梳かして、しっかりピンやジェルで固定していけば途中で解けたりはしないので、子供も思い切り体を動かすことが出来ます。髪が気になると転んで怪我をしてしまうこともあるので、少し時間を眺めにかけてしっかりとシニヨンを作ってあげましょう。

当バレエ教室「いつも晴れバレエアカデミー」では、無料体験レッスンも行っておりますので、ぜひ一度ご覧になっていただければ幸いです。

Share

なぜバレエはつま先だちか。歴史が関係ある?

クラシックバレエはもともと、イタリアの貴族たちの宴で踊られていたそうです。

それがフランスに伝わり貴族たちの娯楽として流行しました。当時は、丈の長いドレスにハイヒールという衣装で踊っていたため、脚の動きよりも上半身の動きがメインの踊りでした。

後に、足先が見える丈のスカートを履いて踊る人が現れ、脚の動きや足先のステップのテクニックが重要視されるようになりました。そうして生み出されたのが、現在のバレエには欠かせないつま先立ちです。

つま先立ちという技法が使われ始めた当初は、ごくわずかな時間で軽くバランスをとるような動きだけでした。しかし、そのつま先立ちのバレエを目にしたバレリーナたちは、こぞってつま先立ち技法を真似し極めていき、単なるつま先立ちは芸術的なつま先立ちへと変化していきました。つま先立ちの踊りは、重力を忘れさせるほどの軽やかさを表現することができます。

つま先立ちからトウシューズへ。中身はどのような詰め物か


当時の演目には、妖精や精霊といったふわふわとした軽やかさが必要なものがよく登場したため、そういった点でもつま先立ちの技法は磨かれていきました。つま先立ちのテクニックが発展していく中で、トウシューズが生み出されていきます。

トウシューズはバレエを踊る時に履く靴であることは有名ですが、その中がどうなっているのかを知る人は多くはありません。トウシューズ全体は布でできていますが、つま先部分は布や麻、プラスチックなどを特別な接着剤で固めてできていて、その部分をプラットフォームと言います。そのプラットフォームによって、つま先部分が強化されてバレリーナはつま先で立って踊ることができます。

つま先でトウシューズのプラットフォーム部分に立つことをポワントと言うことから、トウシューズはポワントやポワントシューズと呼ばれることもあります。

トウシューズのつま先部分は、バレリーナの体重を支えられる強度を持ってはいますが、バレエ初心者がいきなりトウシューズを履いてポワントをすると痛みが生じます。つま先立ちをするにしてもトウシューズを履くにしても、正しい指導を受けてからでないとケガの危険性があります。

指導と経験への道

また、正しい指導を受けたとしてもトウシューズを履いてのポワントは慣れるまでに多少の痛みを感じます。正しく美しく習得するには、経験を積むことが大切です。また、トウシューズは種類が豊富なことに加えて、その多くは手作業で作られているため、同じ素材やサイズでも微妙な差があるので自分に合うトウシューズを選ぶ必要があります。

新宿にございます当教室「いつも晴れバレエアカデミー」では無料体験レッスンを毎週催しております。バレエレッスンについて気になる方は、ぜひ一度ご見学ください。

Share


神楽坂周辺にお住まいのある奥様からのご質問。

Q.バレエのメイクのコツってある?下地とか眉とか

バレエなどの舞台メイクというのは、普段のメイクとは全くの別物といっても過言ではありません。

遠く離れた客席にいるお客さんから見たときに美しく見えるようにメイクをするわけですから、当然普段よりも濃くてしっかりしたものにする必要があります。では、そのコツはどのようなものでしょうか。

まずベースメイクは、一般的なファンデーションではなくドーランを使うことが多くなっています。このとき、汗で崩れるのが気になるという方は、夏用の下地などを使うと崩れにくくなっていいでしょう。ベースメイクも、普段なら濃すぎると思うくらいしっかり塗ってちょうどいいくらいです。

また、ポイントメイクも基本は濃くはっきりと描くことです。とくに眉毛については、最近ではふんわりした眉毛が流行っていますが、バレエの場合にはそれはNGです。ペンシルなどで眉尻までしっかりと描くといいでしょう。また、眉頭をやや長めに描いて眉間が狭くなるようにすると、外国人風のはっきりとして印象になります。

つけまつげやアイラインについて

アイメイクは、つけまつげは必須アイテムです。また、アイラインも大きなポイントです。通常ですと、あまり目立たないように目の際ギリギリのところにラインを引く場合が多いのですが、バレエのときには違います。アイラインはあえて目から少し離したところにはっきりと描くことで、遠くから見たときに目が大きく見えるのです。

さらに、まぶたの上側だけでなく、下側にも同様に少し離れたところにラインを引くことでより目の大きさを強調することができます。

この他にも、鼻筋や顔周りのシェーディングなどを駆使して、はっきりと濃い顔立ちになるように描いていくと遠く離れた客席から見たときに美しく見えるようになります。バレエの時のメイクは普段とは全く違った描き方や塗り方がありますから、初めての方は先輩などから必要なアイテムなどと合わせて教えてもらうようにすると失敗せずにできることでしょう。

Share

大人になってからバレエを始めてみると、体が思うように動かなくて苦労する人も多いようです。自己流で柔軟体操をしてみても、徐々に柔らかくなる人もいれば、思ったように簡単には柔らかくならない人もいますね。

もしかしたらバレエに向いた骨格があるのでは?と思っている人もいるでしょう。まずは一般的に言及されがちなことから解説致します。

重要だと考えられがちな身体の箇所とは

たとえばバレエではつま先を外に向けるアンディオールという基本ルールがあります。

このとき膝も外側を向けなければならないのですが、股関節が硬いと膝とつま先をきれいに外側に向けることはできません。生まれつき股関節が開きにくい骨格の人は、必ずしもそうというわけでは有りませんが、苦労しがちです。

また、バレエでは美しく踊って見せることが重要ですが、スラリと伸びた手足であることや理想だと考えられがちで、O脚やX脚の人や手足が短い人、骨格の面では不利だと言われがちです。

しかしそれだけではなく、特に見落としがちだと思われる部分は「足の形」です。見た目の美しさという観点以外にも、膝と膝の間に隙間ができてしまうなどでポジションが上手くできないという苦労もあります。

そしてバレエではつま先で立って踊るわけですが、足首がまっすぐに伸びていないとグラグラしてしまいます。甲を伸ばして前に出すと美しく安定するのですが、これには骨格が大きく影響します。すんなりときれいにできる人もいれば、かなり頑張っても難しい人もいます。

骨格が全てではない

このようにバレエには理想的な骨格や体型というのは確かにあります。しかし股関節が硬いのであればストレッチをすることで徐々にやわらかくなることは期待できるので、決して諦めないようにしましょう。

他の人より時間がかかるかもしれませんが、絶対無理と言い切れるわけではありません。足首も同様で、ポワントで苦労する人は多いのですが、足首を柔らかくするストレッチを毎日続けることで少しずつ効果は出てきます。

世界で活躍しているバレリーナも、すべての人が恵まれた容姿だけでプロになっているわけではありません。むしろ恵まれない骨格をカバーするほどの血のにじむような努力が実を結んでいることは多いのです。

体型も美しい身のこなしや表情などでカバーすることはできます。私ってバレエに向いてないのかな?と思っている人は、ぜひ努力してみてくださいね。

東京新宿のバレエ教室|いつも晴れバレエアカデミーでも、初心者から中級者、上級者までコースに分けてバレエが学べます。お近くにお住まいの方はぜひ一度無料体験レッスンを受けてみてください。

Share


クラシックバレエを習い始めるのは、年齢が若ければ若いだけいいというイメージがありますよね。

うちの子は3歳から、うちの子は4歳から、こんなコメントを聞くと、できるだけ早い方がいいのだろうかと考えてしまいます。結局、いつから始めるのがベストなのでしょうか?

結論から言うと、それは目標しだいです。たとえば、プロのバレリーナを目指すのであれば、早ければ早いに越したことはないでしょう。

基礎体力を養う時期

クラシックバレエの身体の使い方は非常に独特です。ですから、幼いうちから「バーレッスン」を繰り返し必要な筋肉を少しずつ身につけていくなら、大切な基礎体力を養えるでしょう。この基礎体力と「バーレッスン」の習慣は、プロになったとき貴重な財産となるものです。

ただし、プロとして活躍しているバレリーナが皆、3~5歳に習い始めたわけではありません。世界的にも有名なバレリーナ熊川哲也さんは10歳から、吉田都さんは9歳から、草刈民代さんは8歳から、と決して早くはないのです。

ですから、必ず3歳~5歳から始めなければプロになれないと考える必要はないでしょう。一方で、バレエを習う目的が習い事の一環にすぎないのであれば、いつ始めても問題はありません。

メリットはプロになるだけではない

またバレエを習うことには、非常に多くのメリットがあるのをご存知ですか?

たとえば、猫背が治り背筋の伸びたきれいな姿勢が身に付きます。これは、見た目が美しく上品であるというだけのことではありません。内臓が正しい位置におさまり、健康な体を養えるのです。

体の柔軟性と体幹も鍛えられるので、どんなスポーツにも必要な基礎体力が身に付くでしょう。また、バレエの世界では挨拶と礼儀が重視されます。一般的にはレッスンの始めと最後には「レヴェランス」を行い独特のポーズで挨拶するのです。

体いっぱいに敬意を表現し挨拶するバレエの作法は、子供にとって一生の財産となるに違いありません。「パ・ド・ドゥ」でペアの踊りをするようになれば、相手に合わせながら踊るため協調性が必要です。チームワークの必要性を、体全体で習得するのです。

人生で大切な多くのことを、子供たちはバレエを通して学ぶことができるでしょう。

Share


バレエは美容や健康にも良いということで、大人の女性に人気があります。最近ではバレエ教室に通う方も増えてきました。

しかしその一方で、教室でレッスンを受けていても劇場で行われる講演を鑑賞したことがないという方もいるのではないでしょうか。

ここではそんな方たちのために、バレエ鑑賞における楽しみ方や服装、マナーを説明していきます。

関心をもったのに何をすればいいかわからない場合

まず、初めてバレエ鑑賞をするとしたら何を鑑賞すればよいのか疑問に思うと思います。

基本としてはまずクラシックバレエに関心をもつと思います。。クラシックの有名な作品(例えば「白鳥の湖」など)は公演数も多いですし、ストーリーがわかりやすくて初心者向けと言えます。

なお事前に作品とダンサーについて調べておくと理解が深まってより楽しめると思います。

そのために劇場でパンフレットを購入するのもおすすめです。パンフレットは2000円くらいしますが、ダンサーや演目について詳しく書かれているので、後で振り返るのに役立ちます。

・事前予習
・パンフレット購入

基本中の基本ですが、しっかり基本を抑えることが大事というわけですね。

服装やマナーはある?

服装についてですが、ラフな格好は避けた方が良いでしょう。でも、気を使いすぎる必要もありません。

カジュアルな格好の方も結構いるので、服装を決めるときは若干セミフォーマルな感じを意識しておけば無難でしょう。ちょっとしたレストランで食事するときの服装をイメージするとコーディネートしやすいです。

また劇場でのマナーですが、上演中は音を立てないよう気をつけましょう。特にスマートフォンの電源をオフにすることは忘れずに。電子音は非常に目立つので、上演中に鳴ったりしたら非常に迷惑になります。下手したら劇場から追い出される場合も少なからずあるので、絶対に気をつけましょう。

あと拍手のマナーですが、初めてバレエ鑑賞するときは拍手のタイミングに迷います。クラシック音楽のリサイタルと違って演目中でも拍手が起こるので、どのタイミングですればいいのか説明するのは非常に難しいです。

とりあえず、わからないうちは周りに合わせて拍手するのが無難でしょう。

劇場でのバレエ鑑賞は臨場感があり、ダンサーの美しい動きや音楽をダイレクトに感じれます。是非、マナーを守ってバレエという舞台芸術を楽しみたいですね。

Share


神楽坂の奥様からのご質問です。

Q.バレエエクササイズでダイエットほんとにできますか?痩せる動きと美容効果がありますか?

最近流行りのバレエエクササイズ、ダイエットを始めたいという方には気になりますよね。バレエエクササイズは、海外セレブ達にも人気ということで話題です。日本だけでなく世界でも話題ならば、ダイエット効果もあるのではないかと期待してしまいますね!

しかも、バレエは女の子の憧れでもあります。そんなバレエをしながらダイエットができるならぜひぜひやってみたいものです。

実際にバレエエクササイズでダイエット効果はあるのでしょうか?始める前に知っておきたいですよね。

美容に良いか

バレエが美容に良いと言われる理由は様々です。どちらかというと、小さな子供の頃からやっておかないと体も硬くて動かないだろうと、そんな風に誰もが思っていることでしょう。大人になってから興味が出てきても、難しそうなイメージで中々勇気が出ないということもあるかもしれません。

ですが、バレエは痩せる動きをしながら体全体を使っていくので、やってみれば普段使わない筋肉をとてもたくさん使います。座って仕事をしている人や、運動をしていない人だと、もう全身筋肉痛になってしまうほどです。それでも、バレエで体を動かした時のその楽しさは言葉に説明できないほどです。インナーマッスルが鍛えながら代謝がよくなっていく効果があります。

ジムなどで運動すると外側に筋肉が付きやすく、きれいな足や太ももではなく筋肉質な体型になってしまうことがあるので注意が必要です。

姿勢も良くなる

猫背になっていると、肩こりや体のゆがみなどたくさんの不調を引き起こしてしまいます。姿勢がすっと伸びるようになりますので、猫背気味だった方でもすらりとした印象に代わります。

バレエは骨盤を立てて、頭から引っ張られているような感じを常に以って真っ直ぐ背を伸ばしますから、慣れていけばどんどん体が伸びていきます。見た目以上に、自分の体が軽くなることが分かるでしょう。

大人になってからのバレエは、芸術のようなものというよりは、体作りのために行います。そのため、ゆっくりと時間をかけて体を伸ばし、そして股関節なども柔らかくしていきます。最初は誰もが思うように体を動かせずに四苦八苦してしまうものなのですが、痩せる動きで継続して行っていく事で、自分の体が柔らかくしなやかに変わっていきます。

美容のための体を動かす手段がたくさんありますが、自分のメンテナンスやストレス解消にもとても良いバレエも試してみれば、想像以上の自分に出会えるかもしれません。

音楽があるから楽しい


またバレエ「エクササイズ」なら、ただ単調な運動をするよりも楽しく続けることも出来ます。

バレエだからと言って、クラシック音楽だけを使うことはありません。リズムに乗って楽しくできるポップな音楽を使うこともあります。

きれいな足や太ももを作りたいからといって、すぐに飽きてしまっては意味がないので、楽しく続けられるのは重要ですよね。続けることでダイエット効果もアップします!

また、バレエエクササイズならジムに通ったりすることなく、家で行うことができます。少し広い場所があればできてしまうのですから、お手軽に行うことができますね。動きはネットで調べることもできますし、DVDも発売されているので、動画を見ながら真似をして行うことで間違った動きをすることなく、トレーニング効果が上がります。

楽しく手軽にできるバレエエクササイズはダイエットに最適といえます。

当アカデミー、新宿 バレエ教室|いつも晴れバレエアカデミーでも子供クラスはもちろん、大人向けのエクササイズクラスもあります。どうぞご体験下さい!

Share


奥様からの御質問です。

Q バレエを初めたいのですが、お金がかかる印象です。相場はいくらぐらいなのでしょう。また年収が多い方がやはり多く通っているものなのでしょうか?

大人になってから習い事を始めるという人は、結構います。

バレエ教室は、大人になってからも人気の習い事のひとつであり、ダイエットを目的として始める人もいれば、小さいころからの憧れから習うという人もいる習い事です。

しかし、バレエに限らずに、習い事にある問題のひとつとして、継続していくことが難しい、お金が続かないという問題があります。根気ということもひとつの要因ですが、お金が続かないといった理由も大きな理由のひとつになります。

とくにバレエ教室は、かかる費用が高い印象が強い習い事のひとつであり、実際に費用が掛かり断念したといった悩みも多いです。大人のバレエ教室を続けていくうえでかかる費用の内訳について知りながら、お金が続かない問題を解決して参ります!

入会金はバレエ団が高い

まず、一般的なバレエ教室に通うためには、入会金を支払う必要があります。その相場はおよそ5000円から10000円ほどと言われていますが、バレエ団などの専門集団が主催するバレエ教室であると、これよりも高い場合が多く、20000円ほどが相場と言われています。

また、バレエ教室は個人教室ばかりではなく、スポーツクラブなどで開催されていることもあり、こちらの場合は様々なキャンペーンがある場合が多く、割引できることもあります。

オープンクラス・チケット制より月謝のほうがお得

またバレエ教室に通い続ける場合、月謝制かチケット制かのいずれかになります。

月謝制とは毎月決まったレッスン料を払い、月に複数回のレッスンを受けるという形になるものです。月謝制の場合、一般的なバレエ教室では7000円から15000円ほどが相場で、バレエ団などでは20000円から30000円ほど、スポーツクラブでは8000円から16000円ほどが相場です。

これに対してチケット制、つまりオープンクラスとはあらかじめ、レッスンのチケットを購入して、レッスンを受けるたびにチケットで支払う仕組みのことです。1レッスンあたり1500円から3000円程度が相場であり、10枚つづりなどまとめて購入することになります。月謝制は比較的安価ではありますが、毎月決まった時間にオープンクラスを受けなければならないという点で難しい場合もあります。

そして当たり前ですが、バレエを習うにあたってバレエシューズやレオタード、タイツなどのバレエ用品を購入しなければなりません。大人の場合は壊れるまで買い替える必要がないので、およそ15000円ほどでそろえることが可能です。

最大のポイントは発表会のお値段

バレエを習う上で最も費用が掛かるものが、発表会の存在です。発表会にかかる費用は通う教室によって異なりますが、相場50000円で、場所によっては30万円かかる場合もあります。

逆に言うと大人でバレエを習うと、これらの費用が掛かるのですが、発表会をのぞけば一般的な習い事の費用と実はさほど変わりません。そのため非常に単純な計算をすると平均年収は400万円ほどあれば十分可能とも言えます。

しかし、こだわりを持って発表会にも費用を掛けるとしたら、より高い年収が必要になるかも知れません。

以上はあくまで一般論で、色々な状況を加味するとまた変わってくることは多々あります。

当教室「いつも晴れバレエアカデミー」では極力、発表会の費用を安く抑えて、多くの方がクラシックバレエと親しんでもらうことを望んでおります。

ぜひ発表会費用でお悩みをお持ちの方は一度ご相談ください。

また、はじめての方は無料体験レッスンに参加していただければ幸いです。宜しくお願い致します。

Share

奥様からの御質問です。

Q 大人から始めるバレエには悩みが多いのでしょうか。身体がしっかりできていないので身体的なトラブルがあったり、見苦しいなどと陰口を叩かれたりしないでしょうか

当教室にも、大人から始めるバレエクラスが存在しますが、大人になって、ぜひ習ってみたいと思った方も多いのではないでしょうか?。

ただ、初めてのことなので緊張することや悩みもあるかと思います。クラシックバレエは大人の習い事としても人気がありますが、習ってみると続かないかなと不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしバレエダンサーのしなやかな筋肉のついた柔軟な体や美しい背筋、可憐なチュチュやトゥシューズなど、バレエは憧れる要素がつまった素晴らしいダンスです。

そこで今回は、大人から始めるバレエの悩み事を知りつつ、またその解消をどのように図っていけば良いかお伝え致します。

限界を作らない。下手でも上手に!

まず、入会してすぐの場合は、バレエ独特の「身体の使い方」に戸惑い辞めてしまうという悩みが多いです。「バレエは柔軟性が必要だからハードルが高い」、そう思われているわけです。しかし、そんなことはありません。

大人の習い事としてのバレエを始める方は、誰しも初心者であることが多いですが、自分で限界を作らないことがまず大事です。

大人になってからレッスンを始めても、少しずつバレエを踊れる身体を作っていくことは可能です。レッスンを重ねるうちに、最初は上がらなかった足が上がるようになったり、筋力や柔軟性も高まるのです。

バレエスタジオによって様々なクラス分けがありますが、自分に合った適切なクラスで焦ることなくバレエに身体を慣れさせるつもりでレッスンを続けていれば、その後クラスが上がることに自分の上達に気づくことができるでしょう。

また、初心者クラスは、基本的なバレエの動きやバレエ独特の身体の使い方を習います。

単調に思えることもあるでしょうが、一つ一つ自分の中に吸収していくことで次のステップにつながると考えましょう。

50代、60代でも大丈夫。モチベーションの持続が大切

大人バレエを続けるためには「モチベーションの持続」も悩みのひとつのポイントです。対策としては素敵なバレエ作品を観ることもおすすめですし、インターネットの動画などで初心者向けのレッスンやバレエの基礎用語の解説などもあるので予習復習をしてみるのもよいでしょう。

バレエはそれなりに身体に負担にかかりますので、30代、40代、50代、60代と年齢を重ねるほど大変にはなります。

しかし何より楽しみながら、ゆっくり着実にバレエを楽しみながら続けていくことが大事です。

意地悪や嫉妬やいじめはない?人間関係が良好ないつも晴れへどうぞ!

バレエはスポ根的な印象も強く、先輩や後輩のドロドロした見苦しい意地悪、嫉妬やいじめなど「人間関係」に対して悩みを感じている方もいるかもしれません。

しかし人と人は助け合うことが大切なようにバレエも同じです。

当教室では小規模教室の特徴を活かし、「風通し」がよく、「アットホーム」な雰囲気を実現することができました。

一度ぜひ無料体験レッスンをお試しください。大人から始めるバレエに興味関心がある方はぜひどうぞ!

→「あこがれの大人バレエ入門体験 in 東京(初心者歓迎!)
→「無料体験レッスンのお知らせ

Share


大人になってからバレエを始めて、もっと上達したいと考えている人も多いのではないでしょうか。バレエやピアノは子供の頃からしないとダメだと一時言われたこともあり、大人になってからバレエをするのはどうなのか?と考えている方もいるかもしれません。

実は、大人になってからでもバレエは上達します。そこで今回は、大人バレエの上達したい方向けについて詳しく解説いたします。

ストレッチに日々の意識

第一にバレエは、体のしなやかさや柔軟性が求められるものです。そのため、レッスンを受けていない時でも家で毎日ストレッチをすると良いでしょう。

最初はなかなか柔らかくならなくて焦るかもしれませんが、日々の積み重ねが大切です。お風呂上りや寝る前など、しっかり時間が取れる時に行なうといいでしょう。

また、レッスン中は先生の動きを真似しながら、鏡に映る自分がどのようにしたら美しく見えるかを研究してみてください。

常に鏡の中の自分を見て、軽やかに美しく動いているかどうか確認します。分からない動きがあった時やポーズの決め方などに苦労した時は、恥ずかしがらずに先生に質問するといいでしょう。

そして、毎日の生活の中で所作の美しさに気を配ったりするバレエにも活かすことが出来ます。指先まで意識して動くことが大切です。

レッスン回数アップとモチベーション

大人になってからのバレエは、なかなか時間をとることが難しく、レッスンを受ける回数も少なくなりがちです。しかし、最低でも週1回、もし可能であれば週2回のレッスンを受けたいところです。せっかく覚えた振り付けやポーズも、定期的に行なわないと上達していきません。

また、モチベーションを上げるためにも、発表会が行われるバレエ教室を選ぶのもいいでしょう。大勢の人に見られる場があることによって、さらに気持ちが引き締まり、一回のレッスンにかける思いも変わってきます。

他にも、シューズケースなど備品を可愛らしいものにしたりする方もいたりします。少しの工夫で、バレエの上達にもつながっていくことでしょう。

注意しておきたいことは、上達したいからと言って無理をすると、続けることが難しくなって上達することが出来ないということです。大人のバレエをするにあたって大切なことは、無理をせずに自分が楽しいと思えるペースで行なうことが一番かもしれません。

当バレエ教室「いつも晴れバレエアカデミー」では、大人向けの「バレエ無料体験レッスン」も行っております。また再開組の方も、もちろん歓迎いたします。ぜひご興味がある方は、一度お試しいただければ幸いです。

Share