レッスンの流れ

ジュニア1・2クラス

みなさん、こんにちは!

このページでは「ある一日」の練習の流れにスポットを当ててご紹介します。
バレエが上手になるためには、ちょっとしたことの積み重ね・小さな努力をしていくことがとても大切です。

バレエを始めたばかりの頃は、人それぞれ得手不得手があるものです。

当教室の『少人数制ならでは』の強みとして、先生と子どもたちのふれあいの中、きめ細かな指導を展開していくということがあります。人それぞれ苦手と感じる部分を克服しつつ、得意とする部分をどんどん伸ばしていきます。

1.バーレッスンを順番に(美しい曲が流れる中で)

まずはストレッチです。太ももの裏を柔らかくして、全身をどんどんほぐして、効果抜群の「180度開脚・開脚前屈」で左右に股関節をぺったんこ。またこの日は、先生に手伝ってもらっての「カエルストレッチ」「立ったまま後方ブリッジ」などをしました。

さて、早速ですが、クラシックバレエといえばバーレッスンですよね。優雅なミュージックを試聴しながらみんなで踊ろう!

バーレッスン
うんしょ、どっこいしょ。
バーレッスン
ウキウキ気分♪♪

ヒップの引き締めに良いとされる「プリエスクワット」も有名ですよね♪♪。アンドゥオール(ターンアウト)に開いた両足からドゥミプリエ、グランプリエ両方やっていきます。

2.プリエからクッペ、パッセ、Y字バランス、アラベスクへ

お次はクッペ&パッセ。回転してピルエットも出来そう!

Y字バランス画像
コツを掴んだぞ!Y字バランス

みんなだいすきY字バランスのやり方をマスターしました。けどいっぱい練習すればまだまだキレイに出来ます☆グランバットマンもできる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ポジションも高く!アラベスクもいける♪

その後「飛行機ブーン」のポーズや、ヨガの「鳩のポーズ」に似た柔軟体操をしました。

3.最後に、バーからセンターレッスンへ!

バーがなくてももう大丈夫!
バーがなくてももう大丈夫!

一通りバーレッスンが終わると本格的にバレエをするための体ができあがります。しかし練習はまだまだあります!

この続きは、是非「いつも晴れバレエアカデミー」の無料の体験レッスンで、みんなの雰囲気やレッスンの流れを体感してみてください!

バレエ教室に興味のある方は、ぜひ一度、スタジオに遊びに来てみてくださいね☆

■おすすめリンク
期間限定!体験無料キャンペーンやってます【いつも晴れバレエアカデミー】

Share
ご質問・体験レッスンのお申し込み